toggle
ひとつひとつの出会い大切にし、デントリペア・ガラスリペアの技術で、心と心が笑顔で結ばれる事を真剣に目指します。
2021-09-11

ランクルプラドのデントリペア

カラスに胡桃落とされたか?
小さくとも難易度は最上級!さぁ!オーナー様に幸せになっていただけるのか?

こんにちは!
岩手県のど真ん中
矢巾町にありますペイントレスデントリペア専門店
カーリペア笑結の知念で

ランクルプラドのピラー?ルーフの部分?なんですが

そんな一本の電話から始まった今回のご依頼
ご来店していただきましたお車は
トヨタランドクルーザープラドです⇩

花巻市からのご来店ありがとうございます!

ここなんですけど⇩

矢印の部分を指さしているオーナー様
脚立登ってみてみると
そのヘコミは次へ

これ⇩

いやーこれは汗
はいカラスに胡桃落とされた系ですね。
しかも場所が悪いはヘコミの形は悪いはで…
小さいけど苦戦が予想されます。

シマシマ⇩

もういうまでもありませんね。

景色で⇩

パッとみてへこんでいるのが一目瞭然です。

まずは、仕上がり予想で
ヘコミの1番深いところがV字に折れていて
この部分が僅かに残ることを説明
時間は2時間ほどかかるため見積もりの日とは別の日に
もう一度ご来店していただくことをご了承していただき
施工の日となりました。

これ、非常に苦戦しまして
工具を貼り付け→引っ張り→表から叩き→貼り付け→引っ張り→叩き
最初の一時間は全くヘコミが変化せず←だんだん焦る
こういう時に限って取引先からの電話が鳴る←さらに焦る
ここは一度深呼吸して落ち着いて目の前のランクルプラドと向き合います!

もう100回くらい繰り返したでしょうか

完成で〜す⇩

なんとかここまで持ってきました!

寄ってみましょう⇩

ポツっと見えますかねぇ
これは胡桃の尖ったところが当たった打痕です。
これは塗装についた傷のようなものですので
これを追いすぎずいかにキレイに残すかが求められます。

シマシマです⇩

打痕の部分だけが残りますが
ヘコミはキレイになったかと思います。

最後にもう1枚⇩

打痕は残ります。
これを我慢して新車ライン塗装を生かすか
それともこれも我慢できずパテつけて再塗装するか
最初の見積もり時に必ずオーナー様と打ち合わせして
どこまで求めるかを聞き取り最適な方法を提案しています。
オーナー様は多少の打痕は我慢するとのことで今回はデントリペアでお受けしました。

「もう充分です!」
ヘコミが出たからOKです!

喜んでいただけた様です!

よく、お客様からの質問で
どれぐらいの大きさまでできますか?

と、聞かれます。

ヘコミの大きさというより
小さくても尖ったヘコミは非常に難儀しますし
大きくてもヘコミの形状によっては割と苦労しないパターン
色々あります。

結論から言うと
実車見てみないとなんとも言えないところです。

あー
形になって良かった!
オーナー様とプラドを送り出してから飲んだコーヒーがうまいこと!

長文にお付き合いいただきありがとうございます。

最後にプラドのオーナー様
今回はカーリペア笑結に愛車を任せていただき誠にありがとうございます!

ブログ掲載許可と合わせまして
御礼申し上げます!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お電話はこちら