toggle
ひとつひとつの出会い大切にし、デントリペア・ガラスリペアの技術で、心と心が笑顔で結ばれる事を真剣に目指します。
2017-08-08

ウッドパネル?

こんにちは!
岩手盛岡からデントリペア出張施工致します。
カーリペア笑結の知念です。

カーリペア笑結のブログは
ブログを『手紙』として展開しております!
今日は珍しい施工例という『手紙』です!

いつも県外から呼んでいただいている
秋田県湯沢市の車販店さんからのごいらいでご依頼でした!

店長『ウッドパネルは出来る?』
『!?,ウッドパネル?』
そんな会話から始まりまして・・・

お車はこちら↓
カプリスエステート!
デカい!

施工箇所はこちら↓
右フロントドア
他車にぶつけられたそうです

施工前
ライトを当ててみます↓
前から

後ろに移り↓

下側も広範囲にひずみが↓

先ず,内張りを外します。↓
旧車なのでとにかく壊さないように

内張りが外れました↓

途中差し入れをいただきました!↓
この映っているウッドパネルは
現代のラッピング技術なら精巧に再現し製作することは出来るでしょう。
でもここだけ張り替えてしまうとここだけきれいになってしまい
全体のビンテージ感がなくなってしまいます。
そこでウッドパネルラッピングもモールディングも外さず
ヘコミだけ上げていきます。

あれやこれやツールを使いまして↓

施工後です↓
前から

施工後です↓
後ろに移り

施工後です↓
下側歪みのところ

施工後です↓
全体をみています

施工後です↓
透かしてみます

最後に
内張りを組み付け終了しました!↓

カプリスエステート
後ろから↓

今回のケースでは
本来ならばドアモールを外して
ウッドパネルラッピングを剥がし
ドアパネルを鈑金塗装して
また新品のウッドパネルラッピングと
ドアモールを取り付けるような方法となることでしょう。

しかしドアモールなどの部品も無いうえ
このドアだけ真新しいラッピングを施しても
絶対に浮いてしまいます。

そこでラッピングもモールも剥がさず
ヘコミだけ消して
車全体のビンテージ感を守ることができました!

オーナー様に喜んでいただければと思います。

今回は車販店産の店長さんが
このブログをお客様へ見せて説明するからと
ブログ掲載を許可していただきました。

ご依頼いただき誠にありがとうございます!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

電話をかける