toggle
ひとつひとつの出会い大切にし、デントリペア・ガラスリペアの技術で、心と心が笑顔で結ばれる事を真剣に目指します。
2021-09-10

メルセデスベンツGLAのデントリペア

雪が多かった冬の被害
アルミボンネットに雪と氷の塊が落下!デントリペアで再塗装なく新車ライン塗装そのままでスッキリ!

こんにちは!
岩手県矢巾町にあります
ペイントレスデントリペア専門店
カーリペア笑結の知念です!

メルセデスベンツGLAのボンネットに雪が落ちてきて

そんな一本の電話から始まった今回のデントリペア施工

まずはお車見させてください
と、お話してご来店の日をご予約していただきまして

お約束に日に来店していただきました
メルセデスGLAです⇩

盛岡市内からのご来店ありがとうございます!

電話で聞く落雪とアルミ素材のボンネットといういろいろな諸条件
果たしてデントリペアで喜んでいただけるのか
お車拝見するまで頭の中でいろいろ考えちゃっています。

そしてオーナー様がお悩みのヘコミとご対面〜♪

コチラ⇩

まずはシマシマで見ます

もう1枚⇩

なんだ、大したことないじゃんって言われちゃいそうですが
次の写真いってみましょう

はい!⇩

矢印の範囲がじわりと押されて変形していますがデントリペアでお力になれそうです。
施工説明と施工時間予想と仕上がり予想そして見積もり金額提示と続き
オーナー様の了承を得てから施工開始となりました!

施工後その1です⇩

ひと目でわかるヘコミはもちろん全体の歪みも直りました。

施工後その2です⇩

キレイなシマシマが並びます!

施工後その3です⇩

ボンネットを少し開けた状態で外の景色を見ています。
柱も真っ直ぐ映り込みます。

最後にもう1枚⇩

最後に外に出して当店看板を映して確認しました。

オーナー様と確認して終了
と、思いきやもう1か所ヘコミを発見!
写真を撮り忘れましたがこちらも同時にスッキリさせて
施工完了となりました。

ボンネットのヘコミ
実はこれ鈑金塗装業者さんからよく依頼されます。

上を向いていて尚且つ下からはエンジンの熱に晒され
車のパネルの中では非常に酷な条件のパネルです。

そして今回のようなアルミパネルは
下手したらまるごとパネル交換となることも少なくなく
その場合非常に高価な修理費用となってきます。

デントリペアでなんでもかんでも直せるわけではないですが
今回のようにデントリペアで直せる様であれば
「新車ライン塗装はそのまま」
「パネル交換の履歴が残らない」
「キレイに修復」
「費用がリーズナブル」

と、全てにおいて幸せな結果となるのではないでしょうか。

メルセデスベンツGLAのオーナー様
今回はカーリペア笑結の愛車を任せていただき
誠にありがとうございます!

ブログ掲載許可と合わせまして
御礼申し上げます!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お電話はこちら