toggle
ひとつひとつの出会い大切にし、デントリペア・ガラスリペアの技術で、心と心が笑顔で結ばれる事を真剣に目指します。
2021-05-29

リピーター様のご来店 (NV350キャラバン)

キャラバンのフロントパネルに
飛び石でへこみをデントリペア、傷はタッチアップで再塗装を回避

こんにちは!
岩手県矢巾町にありますペイントレスデントリペア専門店
カーリペア笑結の知念です。

5月も月末
今年は1日1日が秒で過ぎていきます。
手紙を書かなきゃいけない施工例はたくさんあるのですが
更新が追いついておらず
掲載許可いただいているオーナー様には大変申し訳なく感じております。
ひとつひとつ丁寧に更新していきますので
気長にお付き合いいただければ幸いです。

 前に一度お願いしたことがあるのですが

 

そんな一本の電話から始まった今回のご依頼
お車は日産キャラバンです

IMG_1468.JPG

八幡平市からのご来店ありがとうございます。

 走行中に飛び石が当たって

 

とお伺いし車を店内へ入れて

この様な状況です⇩

小さくても鋭いヘコミです。

寄ってみましょう⇩

傷を伴うヘコミです。ヘコミだけ出してちょいキズはタッチアップして再塗装を回避しちゃおうという算段で行ってみましょう。

施工中の様子です⇩

外はジャージャー大雨でも完全屋内施工なら安心です。
そしてキャラバンはこのフロント部分が開かないので中から押す事ができません。
表から引っ張っって叩いて引っ張って叩いてを繰り返しで形を整えていきます。

施工後です⇩

いや〜硬くて苦労しましたぁ汗

映り込み確認⇩

シャッターのシマシマで見ています。

ちょっと離れて⇩

新鮮な目で再確認

そしてここからは

タッチペン⇩

オーナー様持ち込みのタッチアップ塗料を精密タッチペンします。
オーナー様からのご依頼であればできる範囲でやります。

タッチペン中⇩

手が震えるぅ、プルプル!
爪楊枝の先端で塗装が欠けている部分にだけ精密に乗せていきます。

完成!

へこみは無くなりタッチアップした傷跡だけ残して終了です。

傷がついているヘコミに関してはオーナー様に希望をお伺いし
デントリペアか鈑金塗装かで最適な方法を提案させていただきます。

今回のケースは
このタッチペンのところだけ我慢すれば
他の新車塗装は守ることができます。

やっぱりいつの時代になっても
新車ライン塗装は一番いいと思いますから。

オーナー様には2016年にも別のお車の施工をさせていただきました。

2016年かぁ…

この頃はまだ店も持っていなくて

取引先の軒先を借りての施工でした。

キャラバンのオーナー様

何年経っても車が変わっても

変わらずカーリペア笑結に愛車を任せていただきありがとうございます。

ブログ掲載許可と合わせて御礼申し上げます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お電話はこちら