toggle
ひとつひとつの出会い大切にし、デントリペア・ガラスリペアの技術で、心と心が笑顔で結ばれる事を真剣に目指します。
2021-05-02

樹脂が入りづらいタイプのヒビ (MAZDA CX-8)

その様なヒビも
百戦錬磨の技術で確実にリペア

こんにちは!
岩手県矢巾町にあります
フロントガラスリペアとペイントレスデントリペアの専門店
カーリペア笑結の知念です。

 フロントガラスに飛び石が飛んできて

 

そんな一本の電話から始まった今回のご依頼
来店していただきましたお車はMAZDA CX-8です⇩

盛岡市内からのご来店ありがとうございます。

表題の樹脂の入りずらいヒビ
それが

こちら⇩

黒くなっているヒビの空間が非常に狭く、よくみないと表面欠けているだけではと
小さいヒビを見逃してしまいそうなヒビでした。
今回はこの小さいが確実に生きているヒビと向き合っていきたいと思います。

拡大して見ています⇩

このままでは黒いヒビに樹脂が入っていきませんので
ここからヒビに加工を施していきます。

ヒビの衝撃点にドリルで穴を開け
ピックで衝撃を与えて

えい!っと⇩

ヒビの中に樹脂が通りやすい様に通路を開けました。
何回やっても寿命の縮まるおもいで一発勝負です。

拡大して見ています⇩

さあ、ここからインジェクターをセットして真空→圧入→硬化と進んでいきます。

施工後です⇩

しっかりと樹脂を入れて黒いヒビの部分は無くなりました。
但し痕跡は残っていますので新品ガラスと同じ様にはなりませんが
ヒビが伸びる確率は確実に低減させることができています。

今回の手紙に書いたCX-8のフロントガラスリペアは
3月にご依頼いただいた施工で
ブログ掲載許可いただいておりましたが
今まで掲載できずにおりました。
ブログ掲載が遅れましたことお詫び申し上げます。

施工ご依頼いただき誠にありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お電話はこちら