toggle
ひとつひとつの出会い大切にし、デントリペア・ガラスリペアの技術で、心と心が笑顔で結ばれる事を真剣に目指します。
2019-01-26

30プリウスのプレスラインのデントリペア施工

こんにちは!
岩手矢巾のデントリペアとウインドリペア専門店
カーリペア笑結の知念です!

今見てくださっている皆様への施工例という『手紙』
今日は今でもバリバリメジャーな30プリウスのお話です。

よくご依頼いただきます。

30プリウスのプレスラインのつぶれです↓

30型プリウスの力強いプレスライン
決まってドアパンチされてしまう場所です。
ぱっと見小さいさもないヘコミに見えるのですが

近寄ってみましょう↓

必ずヘコミの周辺がはれています。
ヘコミを出してこの高くなった部分が自然に戻ることはなく
高くなった場所を少しずつ叩き入れる工程が生じます。

シマシマ君で見ています↓

実際にへこんだ影響により
上下にこれだけ歪みが来ています。
この歪みをとるのが非常に難しいため
この歪みの部分も施工範囲として見積もりさせていただきます。
この場合上下に5センチ大でした。

施工後です↓

周辺の歪みもしっかり取り
違和感のない仕上りをめざじます!

施工後にシマシマ君で見ています↓

ヘコミのあった部分の塗装に衝撃痕があるため
衝撃痕の部分が少し歪みます。

施工後アップで見ています↓

塗膜の衝撃痕がわずかにありますが
周辺のヘコミと歪みは消し去りました。

このようなケースですとぱっと見のヘコミの大きさは3センチ大くらいでも
周辺の歪みを入れると施工範囲は大きくなりますことをお伝えしたく
今回の私から皆様への『手紙』とさせていただきます。

カーリペア笑結ではご来店時必ず屋内でライトを当てて
ヘコミと周辺の歪みをオーナー様と一緒に見ていただき
施工方法と仕上り予測と時間
そして施工金額を提示しご納得いただいてからの
施工開始となります。


もちろん30プリウスだけでなく
41型プリウスα
50系プリウスまで施工実績豊富です!
国産輸入車問わずご相談お待ちしております。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

電話をかける